アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015)
2017年 04月 18日 (火) 21:23 | 編集

The Eichmann Show
監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
出演:マーティン・フリーマン、アンソニー・ラパリア、レベッカ・フロント
アンディ・ナイマン、ニコラス・ウッドソン、ベン・オーディス
ナサニエル・グリード、ベン・ロイド=ヒューズ
あらすじ:
1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。
ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。
“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンと
ドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため
≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。
様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。
世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

Filmarksより引用
たかむし的評価
3.8/5.0

帰ってきたヒトラーに続き、ナチス関係の映画です。
ナチス関係とか戦争の話って苦手なんですけどね。
マーティンが出ていたので観ました。きっかけはそれです。それしかないですw

いやあ。重い。
でも、重いよ。
内容が重いんではなく、この事実が重いんですよ。
にしてもアイヒマンのあの態度。本当に人間じゃないです。
レオはアイヒマンが怪物ではなくて一人間であることを映像で証明したかったが
それができなかった。怪物は怪物だった、のかもしれない。
彼が人間の一面を出す賭け?として、彼が行った行動の映像を見せるんですが
これがもう残酷すぎて。
この放送を見えなくなってしまう人の気持ちもわかる気がする。
私だって、こんなのをずっと見せられたら気が狂ってしまう。
これほどの残忍なことが行えるものなのだろうか、と思ってしまう。
映像だけではない、証言者の話も聞いているだけでも辛い。
本当にあったことなの?と。
カメラマンの一人は収容所に入れられた経験があり
撮影中気分を悪くしてしまうシーンがあった。
レオが宿泊している女主人も収容所に入れられた経験があった。
ずっと言えなかったこと、言っても信じてもらえず、
沈黙するしか手段がなかった彼女。
でも、あなた(レオ)のおかげで、話していい、
と証明してもらえたと感謝を告げるシーンもあった。

裁判をずっと中継したのはすごいと思う。
この時、ガガーリンのことやキューバ危機などもあり
視聴者はそちらに向いたが、
実際収容された経験を持つ人、それに関わることを余儀なくされた人の
証言が続くと、たくさんの人が、その真実を受け止めた。
いやあ、本当に辛かった。
でも、知っておかなければならない事実だと思った。
そして、この映画の最後で
人は他人より優れていると思っているとアイヒマンと同じところにいる、と。
自分の外見や考え、宗教などで、他人とのそれが違うということに敵意を持つと
アイヒマンと同じようになる、と。
アイヒマンが一体どういう人なのか、裁判だけではわかりません。
事実を認め、結果、死刑にはなりましたが
最初、彼はずっと無罪を訴えていました。
だから、彼が本当にどんな考えで、どんな人物だったかわかりません。
子煩悩で家族を大切にする人間が豹変してしまうのです。
憎しみや敵意、人間誰しもが持っているであろう「悪意」の部分が
成長してしまうと、アイヒマンのようになるのでしょうか。
分かりません。
でも。
人は誰しもがアイヒマンになる可能性があるのだ、ということを
肝に銘じておくべきである。
そして、ナチスのようなことが二度と起きない平和な世界を願います。

それにしても、レオやミルトンがこの中継をしたことは
本当に素晴らしいことだと称えるべきですね。
さて、マーティン目当てで見たのですが毎度のように
マーティン!可愛い!きゃー!マーティン!などと言ってられるほど
軽い内容ではなかったです(笑)
この中継を反対している人間からの脅迫もあって
やだー!ミルトンやミルトンの家族がどうにかなったらどーしよう!と
ヒヤヒヤしましたけどね。
そういう状況でも中継を続ける指揮をとった彼は命がけの戦いをしていたのかもしれませんね。
か、か、かわいいんですけどーーー
2017年 04月 17日 (月) 18:26 | 編集
昨日の夜に、SHERLOCK観て寝ようって思ってね。
で、字幕を書き取りながら、観ていると全く進まないので
(やっぱり早いからね、書き取っても、結構わからないからこれは慣れるしかないw)
Special Featureを観ようって思ったの。
Unlocking Sherlockはプロデューサーのコメントとかだったけど
字幕設定するの忘れて、あ、もういい、ってなって(笑)
で、もうひとつの、Exclusive Pilot Episode Study in Pinkを観たの。
発狂(笑)
マイクロソフトが出てないし、だいぶストーリーも短くなってるけど
シャーロックとワトソンが中心。で、あのデート(ではないんだがw)のシーン長いわ。
でね、ちょっとだけベネさんの髪の毛が短いから、すごく幼いシャーロックに見えるのね。
でもって服装も少しカジュアルのなの。可愛い。
緑と黒のチェックの服とか、黒いジーンズとかなの。可愛い。
ワトソンもちょっと服装が違うの。可愛い。
で、気づいたんだけど、マーティンっておなかがでてるの?(笑)
ちょっと可愛いんだけど←なんでも可愛いの域。
本当、可愛いんだけど。
でね、221Bの部屋の様子もカジュアルだし、ハドソンさんも可愛い服着てたわ!
ヤダ、本当、いいじゃないの、これ。って思って、30分でやめようと思ったのに
結局全部観てしまった(笑)55分くらいです。
字幕なしで観たから、ちょっと軽く頭痛も起こしたけど
本当にいいわ。好きよ。Study in Pink。
もう少したくさん見て、英語わかるようにしたいです。
文字を起こして、その英語を覚えて、じっと聞いて聞き取れたら、
Well done!ですもん、私には。I got it.です。いえーい。です。
あのシャーロックの早口を全部理解できたら英語理解できてるのも同然でしょうね(笑)

shsinp1.jpg
2階にいるから、そこにコーヒー持ってきてのシーン。
shsip22.jpg
笑顔も忘れないシャーロック。完全に確信犯(真顔)
ベネさんってやっぱり、白人なのよね(当たり前です)
Doctor Strangeを観てると、色が少し黒いでしょ?
だから、ん?って思ったけど、SHERLOCKを観てると
やっぱり真っ白ね。
そして、若いわ。ええ、とっても若いわ。
トップ記事のSHERLOCKに比べたら、もう子供みたいに若いわw
そらま、7年も前だもの仕方あるまいw
でも可愛いわ、若いって可愛いわ。可愛いわ!
ベネさん、33,4歳?かな?くっそかわ!
え!じゃあ、マーティンも30代かな?くっそかわ。
マーティンのおなか見ちゃう人であった(危)
帰ってきたヒトラー(2015)
2017年 04月 16日 (日) 21:09 | 編集
eristwiederdaposter.jpg
Er ist wieder da/Look Who's Back
監督:デヴィット・ヴェント
出演:オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、カッチャ・リーマン
フランツィスカ・ヴルフ、ラルス・ルドルフ
あらすじ:
リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、
長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。
自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、
過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。
しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、
70年前と全く変わっていないことを。
そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、
現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

Filmarksより引用
たかむし的評価
3.8/5.0

映画館でこの映画の予告を見たときは
まさかこんな映画だとは思わなかったです。
怖い。
ブラックユーモア、とかじゃないよ。本当に。
最初はそうかな?って思って、ちょっと笑ってしまうところとかあったけど
でも、「本物」のヒトラーだったとしたら
これ、本当に怖いし、歴史は繰り返す、って思いました。
ラストが本当に怖いです。あ、ホラー的なっていう怖さじゃなくて
心理的な、っていうね。

ヒトラーのことは私、あまり知らないのだけど
ユダヤ人迫害のがとにかく印象的で、「怖い人、残酷な人」ってイメージしかなくて
あまり、それ関係の映画や番組は観てないんだけど
この映画のような描き方でヒトラーをもってこられると
あ、ついていくかもしれない、って思いました。
なんせ、頭がいいんです。やっぱり。
最後の言葉は、ぞわー、ですよね。
彼だけが悪いんじゃない、って言う。
彼を選んだのは国民なのです。
そしてその選んだ国民は自分に似ていて、いつも私は人々のそばにいる、って言う。
混沌とした政治であったり、納得のいかない日常であったりすると
ヒトラーのような人が現れたら、人々は心を動かしてしまうような気がする。
本当に怖いのです。
今の世界の状況を反映しているっていうか、いずれ、こうなっちゃうんじゃないの?って言う。
映画だけの世界であってほしい。
それこそ、これもブラックユーモア、あっはっは!で笑える現実であってほしいと
切に願った映画でした。
観て損はないです。
トップ記事すいませんw
2017年 04月 14日 (金) 18:40 | 編集
SHERLOCKのseason4が放送される、というのを知り
それに合わせて、いままでのも再放送!ということで
こ、これは忘れてはいけない!って思って、トップ記事にしばらく
SHERLOCK貼っておきます。
って、ヘッダーもSHERLOCKだけどww
のわりに、私はseason2の1話までしか見てないです(笑)見ろよ、っていう。
えへ。

さ。今日はレンタルしてたDVD返却して
また借りようかなあ、と思ったり。でもわからない。
映画あると毎日のように見てるからね。本当、今月もこの調子でいけば
20本くらい見そうです(笑)
ただいま11本ですw
JOY(2015)
2017年 04月 13日 (木) 22:09 | 編集
joy.jpg
Joy
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ブラッドリー・クーパー
エドガー・ラミレス、ヴァージニア・マドセン、イザベラ・ロッセリーニ
ドナ・ミルズ、ダイアン・ラッド、ジミー・ジャン=ルイド、レナ・デ・ニーロ
ジョン・イーノス三世、マディソン・ウルフ
あらすじ:
アメリカの主婦を家事から解放した”ミラクル・モップ”を発明した実在の女性ジョイ。
普通の主婦が、創意工夫の才とたくましさ、揺るぎない忍耐力を発揮して
人生を一変させ、大企業を築く感動ドラマ。

Filmarksより引用
たかむし的評価
3.5/5.0

実話を基にした映画なんだけど。
なんか…最後の方の展開が、え?そんなに簡単なものですか?とか思って
ぽかーん、でした。
あと、ジョイ(ジェニファー)のまわり、最悪な大人が多すぎるんだけど!
見てて本当にイライラした。
あまりにもジョイがかわいそうだと思う。
あんなバカで傲慢な人たちの中でよく頑張ったな、ってそれを褒めたい。
めっちゃイライラするよ。めっちゃイライラする。
ものすっごいジョイが怒って、ライフルをぶっ放すシーンがあるけど
ああ、そうなる、そうなるよね、って思います。
見てるみんながきっとジョイの味方ね。
世界にひとつのプレイブックと監督が同じで、キャストも似ているので
なんだか不思議な感じがしました。
世界にひとつのプレイブックは私、すごく好きな映画です。

この映画、すんなり、っていうか苦労しながらも成功するのかな、って思ったけど
とにかく、そうなるまでがイライラするし(周りのせいだわ!絶対)
最後もあっけなくて(いやあれはどう考えてもおかしい)
え?ってなってしまうよ。残念だ、非常に残念な終わり方だ。
(終わりが悪いんじゃないて終わりの一歩手前がひどいの)
まあ、すっごい強い精神力は見習います。
こんなしんどくても頑張れば!って思ったもん。
しかし、あんだけの仕打ちというか、苦労を味わうと私は立ち直れない気がするけど
そう思うと、やっぱりすごく女性だなって思います。
本当、まわりひどいの多すぎ!!ジャッキーとニールがいい人でよかったわ(涙)

ジェニファーの演技はさすがでした。
本当、すごく若い子なのに、すげー苦労してるっていうか疲れた感がすごくてw
あとばっちりメイクしてるよりもごく自然な方が絶対可愛いと思うな。
ジェニファー、好きな女優さんのひとりです。
でもー、ハンガーゲームは観ないわよ。あの手の内容大嫌いなので(真顔)
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。