FC2ブログ
KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016)
2018年 01月 28日 (日) 18:31 | 編集

Kubo and the Two Strings
監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー
レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラ、ジョージ・タケイ、ケイリー=ヒロユキ・タガワ
ブレンダ・ヴァッカロ、ミナエ・ノジ、アルファ・タカハシ、ケン・タケモト
あらすじ:
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという、不思議な力を持つ少年・クボ。
幼い頃、闇の魔力を持つ祖父にねらわれ、クボを助けようとした父親は命を落とした。
その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、
更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。
父母の仇を討つ旅に出たクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、
ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。
やがて、自身が執拗に狙われる理由が、
最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知り──。
かつて母と父に何があったのか?
三味線に隠された秘密とは?
祖父である〈月の帝〉と相対したとき、全ては明らかとなる──。

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公式サイトより)
たかむし的評価
4.0/5.0

ストップモーションアニメーション、ということで
興味を持って観ました。
最近はCGのすごい映画が多いですけれど、
この映画は少しずつ人形を動かし撮影する手法で撮影されてるんですよね。
そう思ってみると、この映画、すごすぎるんですけど。
こんなに細かい表情、しぐさが表現でき
なおかつ、迫力があり、スピードがあり、戦闘シーンも素晴らしいものでした。
舞台はなんと日本。
海外の方が作ったのに、こんなに綺麗に日本が描かれているのが嬉しく思いました。
最初はとても暗いシーンから始まります。不気味といえば、不気味です。
人によっては、これは怖い、って思う人もいるかもしれません。
私も少し最初は抵抗がありましたが、慣れましたし、最後には、もう大好きになりました。
大切な人を失い、自分を守るための道具を新たに見つけた仲間との冒険劇です。
でも見終わると、家族愛の映画だったなって思います。
祖父と闘うクボのシーンは号泣してしまいましたよ。うん、あのシーンね。
いやはや、本当にすごいです。
ストップモーションアニメーションって優しい感じのするものだと思ってましたが
激しさも表現できるんですね。
ゾクゾクします、はい。
ぜひぜひ、これはオススメの1本です。
ストップモーションアニメーションといえば、私の中では、コープス・ブライドですけど
この映画はその制作にも関わったスタジオライカの作品です。

以下ネタバレです。


母親から自分を守るために父は死んだ、と聞かされてるクボは
村に住むおばあさんから聞いた死んだ人と話ができるという方法を聞き
得意の折り紙で灯篭をつくり、父に話しかけるんだけど
そこに灯りは灯らない。その墓場に集まったみんなの灯篭には次々と灯りがつくのに。
でも、これ、なんでかっていうと、後でわかるんだけど、
お父さん、生きてたんですよね、このとき。
だから、かー、って思いました。
母も死んだかと思ったら
(お母さんはちょっとおかしなふりをしていたのかな?クボを守るために)
ちゃんとクボを守るため、お猿さんになってそばにいます。
このお猿さんとその姉妹との戦いがもうめっちゃかっこよかった!!!船の戦いのシーンね。
すごいんです、猿。というか、おかあさんなんですけどね。
もうめっちゃかっこいいです、このシーン。
旅の途中でクワガタ人間にも出会います。記憶がない。
でも、ハンゾウ(クボの父)のことをすごく慕ってるから、ということで、
クボと猿の仲間になります。
なんと!それが父ハンゾウだったんですよねー。
でも、父も母もクボを守り、死んでしまいます(大泣)
そして、祖父とクボの戦いが。
自分を守るための道具(刀、鎧、兜)をすべて集めたクボだけれど
祖父の力は強大だった…
がんばれ、クボ、がんばって、クボ!
クボは…父の弓の紐と母の髪の毛、そして自分の髪の毛、3つを三味線に通し
引き始めるのです。
家族が、家族の愛が。クボや村人を守ります。
思い出はとても強い絆。
号泣w
祖父との戦いに勝ったクボだけれど、そこには記憶を完全に失った祖父がいる。
そんな祖父に向かって、村人たちが言うのです。
「とてもいいひとだよ、あなたは」と。
それでも記憶がないことを戸惑う祖父ですが、村の人たちがクボがみんな教えてくれるよ、と。
クボはうなづく。
あああ、いい話。
そして、お墓での灯篭。今度は灯りが灯ります。そばには父と母の姿が。
終わり。です。

シーン的にはクボが三味線を鳴らし、折り紙で人形劇をするシーンがとても好き。
これは最初の方にあります。すごく可愛いですよ。
あと、湖の上で、クボ、猿、クワガタが食事をするシーン。
実は家族での食事シーンだったんだな、って。
お魚が美味しそうでねww
可愛いシーンもたくさんありますし、とにかく、表情が豊か。
村のばあさんなんて、もう抱きしめたいくらい可愛い表情の連発ですよw

またDVDになったら観てみたい作品です。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。