シークレット・オブ・モンスター(2015)
2017年 08月 06日 (日) 16:22 | 編集
TheChildhoodofaLeader.jpg
THE CHILDHOOD OF A LEADER
監督:ブラディ・コーベット
出演:ベレニス・ベジョ、ステイシー・マーティン、ロバート・パティンソン
リーアム・カニンガム、トム・スウィート、ヨランド・モロー
あらすじ:
1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。
彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。
しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、
その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。
その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める。

Filmarksより引用)
たかむし的評価
1.0/5.0

超つまんない。
私には、ですよ。
まず、画面が暗すぎて、よくわからない、というシーンがあってストレス(始まりがそれ)
その上、音楽がめっちゃ怖いんです。なんか、もうなんていうの?恐怖心を煽るような
もうずっと聴いてたら頭がおかしくなりそうな音楽。
それが要所要所で流れて、超ストレス。
プレスコット(最後の方でしか名前出てきません)の父親と母親が
まあ!!!!むかつく。
息子の性格がひん曲がっているのはこの両親のせいでもあるんじゃないの?
全く愛されてる感がなかったんだけどw
まあ、息子も超腹たちますよ。不可解すぎて、気持ち悪いですからね。
ただ、めっちゃ美少年w
プレスコットの少年期を演じたトムくんがとても可愛い。
それだけ!です、この映画のいいところ(あくまで私は)
始終、ストレスオンパレードです。
なんか常に不気味でね。だからって、残酷な殺人が起こるとかそういうのはないんですが
とにかく音楽が不愉快で不愉快で!!!
全く意味がわからない!!!!
で、あまりにもわからなくて、この映画の詳細とかネタバレを書いてあるブログ読んで
初めて納得したわww
私、こんな不愉快で、かつ、真相?的なものをすべて観客に丸投げ映画
好きじゃないわ!!!!なんなの!!!!
パティンソンなんて気づかなかったわ(笑)最後のはわかったけど。
で、それをネタバレ?で読んで、なるほど、そうだったのか!!って思ったけどw
だいたい、パティンソンはそんな好きな俳優ではないから
顔をあまり把握してない(トワイライトのときの気持ち悪いのしか覚えてないw)
だから、ええ!そうだったの!って思ったよ。
しかも画面暗いし、わからないってばー!(笑)

可愛い少年を観たい人はどうぞ。
私は責任持ちません。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。