マルガリータで乾杯を!(2014)
2017年 05月 02日 (火) 21:58 | 編集
marfaritawithstraw.jpg
Margarita with a Straw
監督:ショナリ・ボーズ
出演:カルキ・ケクラン、レーバティ、サヤーニー・グプター、ウィリアム・モーズリー
フセイン・ダラール、テンジン・ダラ、クルジート・シン、マルハール・クシュー
あらすじ:
生まれつき身体が不自由な少女ライラは、持ち前の明るさとチャレンジ精神で
どんなことにも体当たりで挑戦し、人生を楽しんでいる。
家族や友人たちに支えられながら大学にも通い、
優しい母の計らいでアメリカの大学へ編入できることになったライラは、
母と一緒にニューヨークへと旅立つ。

映画comより引用
たかむし的評価
3.8/5.0

悪い映画ではないんですが、いろんなことを詰め込みすぎで
え、結局何が言いたかったの、てなっちゃったんですけど
前向き、な映画です。

ライラには障害があるけれど、私たち、健常者と何も変わらないんだ、っ思いました。
でも、そう思った瞬間、やはり、私は障害を持っている人を「大変そう」っていう色眼鏡を
かけてるんだと知り、それがショックでしたね。
19歳の女の子の日常を覗かせてもらった、って感じで
すごく自然なんです。
そこがこの映画のいいところかもしれません。
全体的に綺麗です、とても。
ふんわり、してます。とても。
ライラを演じる女優さんが本当に可愛いんですよね。
笑うと花が咲くっていう表現がとても似合うひとでした。

なにがどう、っていうほどの映画ではないんですけど…
インド映画にしては重い部分の方が多いな、って思いました。
うん、だから詰め込みすぎ、だわさ。
インド映画って私、結構好きなんですよね。いいですよ。うん。
音楽が流れ、ライラが家族と踊るシーンがすごく好きです。
歌もいろいろ流れますが、絶妙ですね。いいです。
音楽がいいところもインド映画の好きなところです。

静かに悲しくて、でも強くて優しくて前向き。
最後のライラの笑顔がそれを物語っていますね。

にしても邦題、どうにかして欲しい。
この作品を見ると、そういうタイトルではダメだと思うな。
原題のままがいいです。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。