ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013)
2017年 04月 23日 (日) 00:03 | 編集
worldsendposter.jpg
The World's End
監督:エドガー・ライト
出演:
サイモン・ペッグ、ロザムンド・パイク、マーティン・フリーマン
ビル・ナイ、ピアース・ブロスナン、ニック・フロスト、エディ・マーサン
デイビッド・ブラッドリー、パディ・コンシダイン、マーク・ヒープ
ジュリアン・シーガー
あらすじ:
1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。
思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、
飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。
しかしリストの最後に記された12軒目のパブ
“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に
脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。
それから約20年後…
アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、
今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。
だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだった。
Filmarksより引用
たかむし的評価
3.5/5.0

酷い映画で驚いたw
途中見るのをやめようかと思うほど、退屈だった。
だってかつてできなかったパブ巡りをまたやってみよう!ってはじまって
そのまま、飲んでるだけなんだもの…
うそでしょ、このままずっとこのくだらない会話(ゲイリーだけ浮いてる)を
聞いているだけの109分なの?死んじゃう、って思ったのw
でも、途中からとんでもない展開になってしまって
うそでしょ、なんなのこれ、ホラー?SF?なんなの、状態でしたw
でもってあの終わり、うそでしょ?そんなのでやっつけちゃうの?
てか、本当なんなの、この映画、って感じでしたw
最後ゲイリーが幸せならいいわ、とアンディと同じように思ったわ(真顔)
とにかくぶっとびすぎてて途中面白くなったのに
え!その終わりはないんじゃないの?って思ったのでしたwwでも深いのよ、意外とw
以下ネタバレはたたんでおきます。
でもこれ前知識無しに観ると意外と楽しめると思いますw
ぜひ、ビールを片手にどうぞ♪


何軒目のパブだったか忘れたんだけどw
アンディに馬鹿にされて、だったかな?それでトイレにゲイリーが入るんだけど
そこにはいってきた青年にぶつぶつ話しかけるんだけど、完全にシカトされて
切れてしまうゲイリー。
まあ、ここにくるまでにも、ゲイリーってやなやつ、全く好きになれないって思ってて
だから、この映画も超つまんなくて(主人公に共感できないとその作品はつまらなくなる私)
なんだよ、って思ってたら、まさかの展開!!!
喧嘩になるんですが、喧嘩の最中…なんと!ゲイリーが青年の頭をふっとばしてしまうんです!ひょー!
え!なんなの!なんで!そんで青い血がぶっしゃー!って出てきてね。
で、そこに母親は死んでないじゃないか!とブチ切れて入ってくるアンディとほか3人。
口論になってたらまた違う青年たちが入ってきて乱闘になるんですが
その青年たちもロボット?なんですよね。ひゃーー!!
一応、みんなぶっ倒しますが、この街はおかしい、誰が敵なんだ!?ってことで
今帰ると怪しまれるからって、パブ巡りをやめない5人。
で、まあすごいですよ(笑)
アンディが意外とかっこいい。いや、めっちゃかっこいいよ、うん。
本当素敵な人よ!!!
でもって!!!驚き!
いや、ちょっと怪しいんじゃないか?って途中で思ったけど
そうです!マーティンが演じているオリヴァーも!!敵!というかロボットでした。
偽物です、偽物。ひゃー!マーティンの顔が半分吹っ飛んでるー!(笑)
でもって途中でピーターも捕まってしまって
残る3人だけ(サムも人間だけど逃げがされたのね)
もう逃げようというのに、それを聞かずに12軒回りたがるゲイリー。
ちょっと腹が立ったわ、なんて、馬鹿なの!って。
でもね。それには理由があったの。
彼は「患者」だった。手首は包帯がしてあった。
アルコール中毒なのね、もしかしたら、自殺未遂?をしたのかもしれない。
かつての栄光。あんなにかっこよくて、自分はもっと輝けるって信じてたゲイリー。
でも実際は、お金もなく、家族もなく、とても虚しい人生。
俺にはこれしかないんだ、っていうゲイリーが切なかった。
アンディーも妻は子供を連れて、実家に行っていた。
なんだか、切ないんですよね。
で、最後のワールズエンドの店で宇宙人登場!
宇宙人っていうか、ネットワークっていうか、説明しづらいんだけど、まあ敵(笑)
で、敵との口論でその宇宙人に勝っちゃうの!?うそでしょ!って思ったけど
ゲイリー、めっちゃかっこよかったです。
でも、敵が去ってしまうと、街自体が爆発しちゃいます。
ゲイリー、アンディ、スティーブンはサムが助けにやってきます。
サムはゲイリーに言われ街を出たけど、引き返してきたんだってさ。かっこいいわ!
世界は終わってしまうのよ。ええ。ネットワークが崩壊してしまうの。
しばらくすると、ロボットたちも復活するのよ。ほら、ロボットだから。
あ、そうそう、元の人間はDNAを吸い取れられて地球の肥料になったらしいわ。
でもマスターがいないから途方にくれちゃうんだけど
そんな世界にも適応するの。オリヴァーも顔半分がハリボテみたいになって
以前と同じように不動産業営んでたわ。笑える。
アンディーはその後出て行った妻とまた元に戻ります。
そして、ゲイリーの幸せを願ってます。
ゲイリーが最後に出てきますが、やはり、パブを巡っていて…
でも、お水を注文していました。で、4人引き連れているのですが…
彼らは…そう、ブランクたち(ロボットですね)
今や、彼らが街を壊したと、すごく非難されているのですけど
そんな彼らを引き連れてパブを巡っているって
なんだか、かっこいい。かっこいい終わり方でした。はい。

とにかく途中からなんじゃこりゃー!な展開で驚きましたが
まあ、観てよかったな、と観終わって思います。途中でやめなくてよかった(笑)
さて、マーティンですが、かわいいですよ(やっぱり)
敵をやっつけて(この時はまだ仲間、だと思われていたw)
トイレから出てくると、普通に、って言って作り笑顔で出てくる、あの一瞬がめっちゃ可愛い。
てか、作り笑顔、多くて、可愛いw
ええ、結果、可愛いです(笑)敵だったけどねw
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。