バケモノの子(2015)
2015年 07月 22日 (水) 15:55 | 編集
bakemononoko.jpg
監督:細田守
声の出演:役所公司、宮崎あおい、染谷将太

たかむし的評価
★★★★☆

細田監督の映画は時をかける少女に続いて2本目です。
サマーウォーズが観たいと思いながらまだ観てないんですけどね(笑)
で、これも観る気なかったんですが
まもちゃんが出ていて、そのまもちゃんが声を演じている一郎彦が
超かっこよかったので観に行きました(なんたる動機)
普通に面白かったです。
笑えるし、泣けるし。
とてもいい映画ですね。
え!という展開にも驚きました。
よくよく考えればわかることでしたが、私、おバカだから(真顔)

さて。まもちゃん。一郎彦。
めっっっっっっっちゃかっこいいw
私のどタイプだったわ!
ええ、どタイプよ!観て!
ほんとだ!たかむしのどタイプが出てる!って思うわw

以下かなりのネタバレ。
観たいな、って思っている人は絶対読んじゃだめよ!!
伏せます(主に一郎彦のことしか書いてませんがw)


ほら見て!超イケメン!(笑)
も、めっちゃめっちゃかわいいし、かっこいいんだわ。
で、弟の二郎丸と見かけが違うからどうしてかしら?って思ったら、
そう!!!一郎彦も九太(連)と同じ、人間だったんですね。
だから、闇に飲まれてしまった。とても可哀想な男の子なんですよ。
父親に憧れているのに、自分は牙も生えない、鼻も高くならない。
どうして?どうして?というそれが闇になってしまい
熊徹を襲ってしまった。すげー、可哀想だよー。うううう。
でも、そんな一郎彦を九太が救ってくれます。
なんでクジラやねん、とは思った。だってあの本見ただけでしょ?
まあクジラは自分との戦いとかなんとか言ってけど。
で、なんでやねん、その展開って思ったけど(笑)
久太に一撃をくらい、その後、目を覚ました一郎彦。
猪王山たちが見守るなかで目覚めてよかった。
どうか、一郎彦が幸せになれるといいな、って思いました。
って!お前!一郎彦のことしか見てねーのかよ!(笑)
てか主役、一郎彦じゃねえぞ!
まさかのどんでん返しはお前か!みたいなね(笑)
うん、主人公並みに重要な役(あくまで一郎彦贔屓)

九太と熊徹の関係がすごく好き。いつも喧嘩ばかりしてるけど
本当はとてもとても仲がいいの。
そして、九太を救うために神様になった熊徹。あのシーンは泣いたなあ。
めっちゃいいやつ。
九太もいいやつ。
結局九太は人間界に戻っちゃったけど、時々でいいから
多々良や百秋坊に会いに行って欲しいな。
そして、一郎彦や二郎丸にも。
二郎丸がまたいい子でさー。にいちゃんはにいちゃんだっていうし。
弱かった九太が強くなれば、大好き!っていうし。
素直ないい子だよおおおおおお(大泣)
楓の存在もよかったなあ。うん。
まあ、いい話です。やな奴が一人もいないぜ、この映画。

一郎彦ラブ(やっぱりな!)
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。