アイスランドに行ってきたぞ!②2015.03.09
2015年 04月 03日 (金) 15:40 | 編集
では2日目アイスランド滞在期行ってみよ!
今回も文字ばっかです。ごめんなさい。

私達のこのアイスランド旅行で申し込んだプランは
航空券、ホテルまでの送迎、ホテル(朝食付き)でした。
いやー、朝食付きは本当にありがたかったですね。
うん。
で、本当、14時間くらい何も食べてないお友と私達は
ほとんど寝てないにも関わらず、朝早くから目覚め
朝食まだかしら、と言ってました(どんだけ)
朝食は7時からでしたが、私達は5分くらい前に食堂に行ってました(笑)
もう食べ物も並んでたし、いいよね、ってことで
お皿にいろいろ盛りましたよー。
写真はないですが、絵を描きましたので。
汚いですが…

パンとかハムとかチーズとか。
野菜がきゅうりとトマトしかないと言う…
本当、日本のバイキングのバラエティってすごいんだなあ、って改めて思いますよね。
でも、本当、飢えていた私達はバカみたいにいっぱい食べましたよ(笑)
満足じゃった。

9時からReykjavik Excursionsのブルーラグーンツアーに申し込んでいたので
ホテルのロビーで待機。
アイスランド観光ですごく便利だなって思ったのは
ホテルからのPickUp,DropOutだってことです。
これは本当便利。
だいたいのホテルでPickUp可能だと思います。
時間がだいたいの時間しか記されてないので
大丈夫かしら?とだんだん不安になってくる私達。
や、予約もさ、英語だったし、大丈夫なのかしらん?って言うね。
でも、大丈夫でした(笑)ちゃんと来てくれました(当たり前)

で。そのままバスに乗ってりゃ着くのかと思ったら違った…
いやはや。英語アナウンスをちゃんと聞いてないとだめですね。
中継地点(というかReykjavik Excursionsの事務所)で下ろされて
うお!どうすれば!と思ったけれども、そこでブルーラグーンの入場チケットをもらって
ブルーラグーン行きのバスに乗れ、と言うことでした。
ブルーラグーン行きの他にもゴールデンサークルとかいろいろツアーがあるので
その行き先を記したバスに乗ればオッケーです。
で、ブルーラグーンへゴー!
正直、そこまでの道のりはほとんど寝ていたので覚えてませんが(汗)
ふと目を覚まして、外を見ると、真っ白でございました。
え、なに、ここ。なんなの、ここ。って感じです。
しかも吹雪く吹雪く。大丈夫なのか?
吹雪の中温泉なのか!?と思うほど吹雪いてました…
ブルーラグーンに到着しますと、小さい建物があるんです。
で、そこに並んでる方々もたくさんいらして、うーん?なんだろう?と思いましたが
たぶん、大きな荷物を預ける人の列、だったと思います。
ブルーラグーンの入り口ではないです。奥に進むと入り口があるので
用がない人は、バスから降りたら、そのまままっすぐ奥へ進むといいと思います。
にしても、バスから降りてからの吹雪ようったらなかったです(真顔)
でもでも奥に進んでる間に、いきなり雪がやみました。
アイスランド、まじ天候変わりやすいです。
ブルーラグーンはとてもハイテクでございましたよ!!
チケットを見せると、タグのついたバンドをくれます。
そのバンドにICチップみたいのが埋め込まれてて
それをかざせば、ロッカーに鍵がかかる仕組みです。
すごいわ!
スタッフの方も常時ロッカールームを見回っているので分からなければ聞けばいいと思います。
よほどのことがない限り貴重品に関してのトラブルはないかな、って思います。
ちゃんとロッカーにいれてれば、ですよ。
水着でうろうろしてたら、体をちゃんと洗ってから温泉へ行け、と
スタッフに注意されたわ(笑)あっはーん。

で。外に出た瞬間。激サム!
当たり前ですが…。
で、こんな感じの景色が広がってました!

やあ!写真で見るとまさに幻想的ですよね!!!!
お友達がiPhoneで撮影。すばらしや!お友達!
や、も、これは本当行ってみてください。はい。
で、硫黄の温泉なので、臭いです(真顔)
この温泉の上に小さいショップみたいのがありまして
そこで飲み物とか買えるんですが
(購入時バンドに金額がインプットされるので、退出時に清算すればいいみたい)
みんな、ほとんどビール買ってるんだよ(笑)
私達は買わなかったけど。
そして、ここの泥をぬるとすべすべになるから、お友が是が非でもそれはしなければならぬ!と
意気込んでおりましてね。
顔に泥をぬっている集団がおりましてね。
おお、あそこでぬろうか、と私達も思い、
その集団が去ってからそこでぬろうと思ったんです。
で、そこからその泥をすくいあげたんですが…
強烈に臭い!!!!!!!!!!!
おえーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
まじ、こんなくっさいもん顔にぬってるの?
バカじゃないの?バカじゃないの?
バッッッッッカじゃないの?

ぬりました(お前もバカ)

タマゴの腐った匂いの凝縮版MAX!!
ボス並の破壊力な臭さ。
しかも、その泥、皆の髪の毛やらも混じってて汚いんですよ。
でも綺麗になるためなら、頑張るわ、とお友達。
しかし、私達は早々に挫折。
だって気分が悪くなる臭さだもん。
そんなを負けじとぬってるおばちゃん集団がいて
まじ、すげえな。美とは貪欲…。

で。
ブルーラグーン。広いんですよね。
海水を塞き止めて、地熱で温めてるんですけど
ぬるかったり、熱かったり。
そして、浅かったり、深かったり。
深いところだと私、背が立たなくて、しぬる!とか思いながら
必死でブレってましたよ。
もう息上がるほど、ブレってました(渚のパワーくだぱい)
温泉で泳ぎまくってやったぜ!!
俺はフリーは泳がない(真顔)
で、泳ぎまくって辿り着いた先に、泥パック集団がいるわけですよ。
嘘だろ!皆すげーな!と思ったのですが…
ががーーん。
私達は気づいてしまった。
そうです。ちゃんと。泥パック用の化粧用の泥が設置されておりました。
ちーん。
あの臭い思いをした私達は一体…。
ちゃんと泥パック用の泥(とってもいい匂い)があるので
皆さん、決して底にある泥をぬることはやめましょう。自殺行為です(真顔)
そして、私達はこれでもかー!!!と
泥をぬりまくり、かぴかぴになるほどぬったままの状態でおりました。
しかーし!また悲劇が起こるのです(私に)
泥を落とそうと顔を洗ってたんですが
そうです、これ、海水ですよね。辛いし、痛いんですよね。
目に泥やら海水が入ってしまい、ぎゃーーーーーーーーー!!!痛い!!!!
そして、コンタクトレンズ(1日使い捨てのもの)を外すと破れてるもん。
脅威!!
ダメになってしまったのは片方だけです。
一度洗いには行きましたが無駄な行為でした。
だって、塩が泥が…。
と言うことで片目でホテルまでの時間過ごしましたよ(汗)

で洞窟みたいのに入ったり、滝にうたれたり
ブルーラグーンを満喫しました。
あ、これ、ツアーなんですけど、ブルーラグーンにいる時間は何時間でもいいみたいでした。
迎えにくるバスの時間に合わせて帰ればいいだけのことです。
だから、1日中いても大丈夫でしたよ。

で、またシャワー室で水ぼたぼたのままロッカー室に帰ろうとしたら
ちゃんと乾かして!とスタッフに注意されました。あっはーん。
タオルを持っててよかったわ(真顔)
で、着替えをして髪を乾かして外に出ますと、おおお!!
ブルーラグーンに入るための行列が!!!
午前中に行くのをお勧めします。はい。
サイトはこちら⇒Blue Lagoon

で、運良くFlyBusが来ていたのでそれに乗り込み
ホテル近くで降ろしてくれました。
この時に、FlyBus内でも無料WiFiが飛んでることに
バス内の放送で知り、すげえ!!と思った私達なのでした。

ホテルに帰る方向を少し間違えていたのですが
途中コンビニみたいな店に寄りました。
うぬぬぬ。
すべてが高い!!!!!驚きの価格でしたよ。
アイスランドクローネはイコール円と考えてもいいので
(私のカード支払いのレートを観ると1円=0.9アイスランドクローネでした)
高い!高い!言うてましたね、私達。
で、ポテトチップスとコーラとヨーグルトを買いました。
ポテトチップス…今後の主食になるのであった(真顔)

2015.03.09の出来事はまだ続きます…
関連記事
Comment
この記事へのコメント
みくりさん、コメントありがとうございます。
綺麗ですよ。でもすっごい硫黄臭いです(笑)
だから硫黄温泉が苦手な人は無理かもですねー。
化粧用ではない泥は最強に臭いです(笑)
吹雪もすごかったですが、温泉に入ってる間は天気はよかったです。
アイスランド、まあ寒かったけど耐えられない寒さではなかったですよ。
イラスト、褒めて頂けて嬉しいです。
2015/ 04/ 04 (土) 19: 52: 23 | URL | たかむし # -[ 編集 ]
幻想的で素敵な温泉かと思いきや・・・泥、くさいんですか・・・。
硫黄臭いのってちょっと(汗)
しかも吹雪で寒いんですねー。
アイスランドですもんね、寒そうかも。
たかむしさんのイラスト、かわいいですー。
ほんわりしてて。
2015/ 04/ 03 (金) 21: 15: 30 | URL | みくり # LkZag.iM[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。