時をかける少女(2006)
2014年 08月 04日 (月) 22:09 | 編集

監督:細田守
声の出演:仲里依紗、石田卓也

たかむし的評価
★★★★☆

筒井康隆さんの有名な小説ですよね。
でも、私は読んだことなかったんです。
映画化やドラマ化もされてるみたいですが
観たことなかったんです。
で、今回、アニメのを観てみました。
面白かった!やっぱり名作は面白いんだな、って思います。
タイムリープを使えるようになった真琴。
さすが、その使い方が高校生らしい、というか(笑)
きっと普通の女子高生なら、そういう使い方するんだろうなあ、って。
私も使えるなら!って思います。
そう何度もいらないけど(って言っても何度も無駄に使っちゃいそう)
でも、楽しいだけだと思ってたタイムリープがだんだんおかしくなってしまう。
いろいろ考えさせられるなあ、って思いました。
とてもとてもいい映画です♪

やっぱり。
どんなに自由に過去に戻っても。
人の気持ち、って言うのは弄ぶものじゃないんだな、って思います。
それに気づいてからの、真琴の行動が切なかった。
一生懸命だけど、空回りしたり、自分のしたことを恥じたり。
見ててこっちが辛かった。
もちろん、それを引き起こしたのは、真琴なんだけど。
でも!って思う。真琴を応援した。がんばれ!って。
この映画で思うことは
そのときそのときをしっかり、生きるべきなんだろうな、ってこと。
過去は過去。
だから、未来に向かってまっすぐ生きなきゃね。
にしても、千昭も未来の人とは!
でも、超かっこよかった!!いやはや。
あんなの、絶対好きになるわな。うん。
もうあの「未来で待ってる」って。きゃー!
真琴の未来。
映画では語られてないけど、千昭があの絵を見ることができるような未来を
目指すんだろうなって思いました。
にしても!
高校生の青春っていいなあ!!!
Free!も高校生なんだけど。
本当、高校生っていいなあ!!!
自分も高校生を経験しているけどさっ!!
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。