幸せになるための恋のレシピ(2007)
2014年 06月 11日 (水) 00:18 | 編集
ensemble_cest_tout.jpg
ENSEMBLE, C'EST TOUT
監督:クロード・ベリ
出演:オドレイ・トトゥ、ギョーム・カネ

たかむし的評価
★★★☆☆

なーんかね。
なーんか。
観ててつまんなかった(笑)
ストーリーが動き出すのが少し遅い気がします。
もちろん、可愛いなぁ、っていういいシーンも結構あるんですけど。
なーんか。ね。
それに、フィルベールはあれでよかったのかしら?とかね。
いつの間に!?って言うね(恋に落ちたようなシーンはあったけど)
だったら、カミーユのことはなんだと思ってたんだろう、ってね。
ただ、カミーユとフィルベールの間にはそういう気持ちはなかった、と言えば
それで終わりなんだけど。
なんか納得ができるような描写がなかった(私にはそう見えました)
なーんか。
ほんと、なーーーーーーーーーーーーんか。って言う映画です。

邦題に騙されたのかもしれない。
本当さー、恋愛映画の邦題のつけ方、ちゃんと考えてよね、って思います。
全然、恋のレシピじゃねーよー。
幸せになるための、ってさ。そのために、カミーユが奔走するってこともないしさ。
ちなみに原題は
ensemble, c'est toutで訳すと、それがすべて、それだけ、みたいな意味です。
原題を知ると、うむ、それは分かる気がする、って思いますけどねー。

さて。
また映画のストーリーに全く関係ないのだけれど
ポレットの飼っていた猫たちはどうなるのでしょう?
そちらがとても心配です(動物好きの視点)

それにしても、なんとまあ、ラストの大ハッピーエンド。
なんじゃいな、って思ってしまいました。可愛いけどさー。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。