相棒 劇場版Ⅲ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ(2014)
2014年 05月 01日 (木) 11:22 | 編集
aibo3.jpg
監督:和泉聖治
出演:水谷豊、成宮寛貴、井原剛志、釈由美子

たかむし的評価
★★★☆☆

残念、としか言いようがない。
面白くない、と言うわけではないんだけど
結果を見ると、え?そんな単純なこと?全然ミステリーじゃないじゃん。
普通に分かるじゃん、って思う内容でした。
そして、いつものように最後の後味はものすごく悪い。
これは相棒ならでは、だし、現在の問題点を突きつけるのが相棒だからいいのだけど。
にしたって、一体、なんだったんだ、って言うのが正直なところ。
嘘だろ、そんなことで簡単に人を殺すのか?みたいな。
これ、右京さんが謎解きしなくてもいいじゃん、みたいな。
期待しすぎたってのもあるかもしれないけど
謎解きをする舞台が大げさ。そこで、まずひいてしまったのかもしれない。
劇場版で面白かったのは、やっぱり杉下右京×亀山薫。
これがいちばんである。
神戸ファンや甲斐ファンには悪いが、私は右京×薫の相棒シリーズが好きだと
改めて思う結果になってしまった。
非常に残念です。

この映画でもよかったのは、
3バカ(と言ったら失礼だけど)トリオ(伊丹、芹沢、三浦)と
米沢さん、角田課長だよね。
脇役はいつもと変わらず、で安心する。
まあ、三浦さんはもうテレビシリーズではでてこないのが寂しいよね。

劇場版はもうやめて、テレビシリーズでいいと思う。
できれば、もうテレビもやめてもいい、と思う(笑)
私の中の面白い相棒、のままでいてほしい。
本当、小野田官房長官が殉職し、甲斐親子になってからまーーーーったく面白くないのよ!
あら、本音(笑)
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。