皆が心配してくれます
2014年 03月 23日 (日) 22:17 | 編集
先週の日曜はももちゃんの誕生日で。
ごはんを食べなくて、しょぼくれていたのですね。
ももちゃんが天国へ旅立って、
周りの皆が私が落ち込んでいないか、心配してくれてるようです。
落ち込んでない、と言えば、ウソになりますが
しょぼくれて落ち込みまくっているわけではありません。
なんだか、こんなことを言うと、酷い飼い主のように思われますが。
まあ、実際酷い飼い主だったかもしれませんが(涙)

ももちゃんの状況が状況だっただけに、つらい日々が続いていました。
私も見ているのがつらかったし、
動きたいのに動けないももちゃんはもっとつらかったろうな、と。
ごはんを食べない、という症状がでて、やばいな、とは思ってました。
本当に違うんですよね、状況が。
今思えば、うんこの状態で気づいてあげるべきだったなあ、って。
それなのに、怒ってしまって。
どんなにつらかっただろう、ももちゃん。
本当に本当に。
巻き戻してもらえるなら、どんなときも、ももちゃん!と抱きしめてあげる自分でいたい。
ごめんね、ごめんね、本当にごめんね、ももちゃん。
もうひとつ。これも今思えば、ですが。
よだれをよく垂らしていたんです。それもおかしいな、とは思いました。
もし、介護をしている方で、あれ?と思ったら、病院に行くか、
いつも通っている病院の先生に相談するか、した方がいいと思います。
痙攣を起こすとヤバい、のはペロで経験していましたから
月曜日の突如の痙攣は、これはヤバい、と本当に思いました。
ここで、病院に連れて行くべきだったのか。
でも、こんな苦しい状況で、病院へ行って、またさらに痛い思い(注射とか)させるべきだったのか。
ずっと生きててほしい。
そばにいてほしい。
でも、苦しませたくない。

でもでも。
なんで、ずっとずっとずーーーーーーっと一緒にいることができないんだろう、って思って
昨日も涙が止まりませんでした。
ももちゃんの匂いのするクッションを横に寝てますが
昨日もそれを嗅いで、安心すると思いきや、余計にいないことに悲しくなって泣いてしまいました。
捨てるべきなんでしょうか?
いやだー!
ペロやマルコさんのときはどうやって乗り越えたんだろう?
でも、ももちゃんがいたから、というのがいちばんの支えだったかもしれません。

ももちゃんには謝る気持ちばかりです。
本当にダメな飼い主でした。
後悔ばかりです。
辛い思いをして旅立ったんじゃないか、そればかり思います。

ももちゃんのことを思えば、悪いことばかり思い出されます。
私、ダメな人間だ。もう犬と暮らす資格はない、そう思います。
ももちゃんに対する償いはどうすればいいんでしょうか。
そう考えます。
これからも独身で過ごすこと、かもしれませんね。
それでゆるしてもらえるなら、私はそれでもいいです。
本当に本当に本当にごめんね、ももちゃん。

ももちゃんの写真をいろいろ探し出そうと思います。
アップさせてくださいね。
ぺーちゃんやまーちゃんの写真もアップしますね。

ももちゃん、ごめんね。
ももちゃんに会いたいよ。
そして、もっともっとお世話したいよ。

寝不足が原因で吹出物ができているのかと思いましたが
全然治りません。
いつも朝までぐっすり寝ているのに。
吹出物はももちゃんのせいじゃなかったんだ。それが救いです。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
nekonarabiさん、コメントありがとうございます。
エミーちゃんとももちゃんの誕生日が偶然にも同じで、しかも19歳なんて!素敵!と思い
初めてにもかかわらず、コメントしてしまいました。
nekonarabiさんの愛のおかげですね。
エミーちゃん、いい顔ばかりしてる。

本当、お別れは慣れるものではないですよね。
介護、本当に大変ですよね。
だから、葛藤にもがき苦しんだことも多々あります。
でも、私もnekonarabiさんと同じで
すやすや眠る可愛い子の寝顔を見ると
あー、こんなに幸せをくれるのに、と何度も謝りました。
18歳になって早々怒ってしまったことを後悔しています。
ももちゃんは認知症だったため、
動き回ることをやめないんです。
たとえ、体が自由に動けなくても、動ける範囲で暴れるんです。
だから、うんこをした時は大変でした。
それが午前6時頃だったかな?だから寝不足もあってつい苛々してしまって。
でも、後悔はしてもしてもキリがないし
もうその世話もやけないし、幸せの数を数える方がいいですよね。
本当にありがとうございます。
ももちゃんが今は楽しく天国で走り回っているといいなあ〜、と思います。
2014/ 03/ 24 (月) 20: 15: 58 | URL | たかむし # -[ 編集 ]
先日はエミーへの暖かいメッセージ
ありがとうございました

ももちゃんの旅立ちを読ませて頂きました愛犬との別れは何度経験しても決して慣れる事は無いと思います

たかむしさんは本当に正直でお優しい方ですね・・・介護は本当に本当に大変だと思います経験した方でないと解からないと思います
私もエミーに寝不足と疲れの中で怒ってしまった事がありますその後スヤスヤと眠るエミーの姿に謝る事いっぱいありました・・・

ももちゃんはたかむしさんからの愛情はしっかり伝わっていてその愛情に応えたくて18歳の誕生日を迎えようと頑張ったんだと思いますよ!

ももちゃん天国から「そんなに自分を責めないで・・後悔の数より私と過ごした幸せだった数をこれからは数えてね」って言ってると思います・・・・・
何だか出しゃばった事言ってすみませんでした

ももちゃんのご冥福心よりお祈りいたします
2014/ 03/ 24 (月) 18: 07: 46 | URL | nekonarabi # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。