そして父になる(2013)
2013年 10月 23日 (水) 17:37 | 編集
sositetitininaru_20131023172205a5e.jpg
監督:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー

たかむし的評価
★★★★☆

とてもとても静かな作品。
一体どうなるんだろう。どういう決断を下すんだろう。
それが気になって気になって、仕方なかった作品だった。
6年もの間、大切に育ててきた息子が他人の子だったなんて。
あり得ないし、信じられない。
それで、じゃあ、交換しましょう、なんて、できない。
野々宮家と斎木家の家庭環境の違いもあったりして
どうなるんだろう、って本当に神妙な面持ちでずっと観てました。
ところどころ、笑えるのは、リリー・フランキーと真木よう子演じる夫婦の微笑ましさ。
逆に、野々宮家は、少し窮屈さを感じる。
福山雅治演じる父のせいかもしれない。
どっちの家庭が幸せか。それは分からない。
ずっと育ってきた環境がいちばん幸せなのだ、と私は思う。
そして家族って何だろう?って改めて考える。

それにしても。
子供を取り違えられた原因が、あれとは。
かなりの憤りを感じる。
なんだとも思っているんだ!

最後、良多の決断は、きっと正しかったと思う。
皆が、それを求めていた、と思う。
よかった、って思った。
あの結末はいい。

静かな、だけど、とても熱い、いい映画でした。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。