なんでや!
2013年 07月 16日 (火) 23:57 | 編集
スピッツのニューアルバムが出ますよ♪

小さな生き物小さな生き物
(2013/09/11)
スピッツ

商品詳細を見る

9月11日発売。
今回、Blu-Ray or DVDがついてくる期間限定バージョンがあるみたいです。
なんじゃ!その売り方!!
スピッツもそんな売り方する時代なのか!!(涙)
しかも、Blu-Rayデッキないしー(大泣)
いずれはBlu-Ray時代になるんだから、DVDを買うより、Blu-Rayでしょ?
今度スピッツ友達に会うから、聴いてみよ。
ちなみに彼女はいちばん高いのを予約したって言ってたから
3Discのだろうなー。
以前の私なら、たぶん、3Disc(いちばん高いの)にしたと思います。
でも、私、たぶん、映像観ないだろうな、って思って。
そう思うと、普通のCDだけでいいかな、って。
でも!いちばん高いやつには、ボーナストラックがついてます。
なんじゃ!だから、スピッツもそんな売り方する時代なのか!ショックだぜー。
たぶん。CDが売れない時代だから、だと思います。
売る方もあれやこれやしないと売れないんだから、切ないですよね。
純粋に音楽だけで勝負するなら、CD一本でいいじゃないか!って思いますけど
それは私の年齢だから、思うのかも。
今って。CD買うより、ダウンロードして曲を買う時代だもん。
1曲だけ買うことだってできるしね。
だから、CD自体がなくなるのかしら?とか思ったり。
音楽業界も様変わりしたよね。

それで、ですよ。
このニューアルバムを引っさげてのツアーがあるんですけど。
また!!!!
徳島公演だけないんですよ!
他四国3県行っておきながら!!!
なんでや!なんでや!スピッツ!なんでや!正宗!と
マジ、ちょっと怒りを覚えました。
とげまるツアーでも徳島公演がなかったんです。
だから今回はあると思ってたのに。マジでショックですよー。
何があかんのや!(真顔)
そういうこともあって、いちばん高いやつを買う気力が失せたんです。
スピ友にボーナストラックはコピーしてもらおうかな(笑)
なんて思っちゃいますよ!本当に!!!!
小さな生き物ツアー。私、参加するんでしょうか。
ちなみに、とげまるツアーも参加してません(笑)
いやー、チケットは取ってたんです。香川公演の。
が、しかし、その公演日をすっかり忘れていて(ファン失格)
旅行の予定を入れてしまったんで、チケットは譲りました(笑)
その腹いせですか、スピッツよ。
私が忘れたのがいけなかったのか、スピッツよ。
それかなにか?私が2013〜2014のツアー中に妊娠するから
あえて徳島公演ないのか?
そうだったら、許せぜよ(何様だよ、お前)
でも、そうなら、私、スピッツ大好きって思うわ。
もちろん、スピッツも好きですが(だって私、ファン歴18年よ、ビックリした)
我が子がもっと大事ですもん。
と、いうことにして、とにかく、小さな生き物ツアーは保留します。
なんて流暢なこと言ってたら、ファンクラブ先行の用紙が来ちゃうぜ。
申し込むなら、オーラス高知公演である。
なんでや!ほんま、なんで、香川、愛媛、高知あるのに、徳島だけないんやー!!

私、結婚して妊娠する!!!

ところで。
スピッツ。
モンスターバッシュにも参加するみたいです。
行きませんよ、夏フェスなんて。
ちなみに。
単独野外ライブもありますよ。横浜赤レンガね。
まあ、チケットはずれましたよ。
どーいうこと?なんではずれるんや!
ま、私は行く予定なかったですけど。だから、はずれたんかな。
当たったら、行こうかな、とか思ってたんですけどね。
9月です。
これも、そう私が妊娠してるから、スピッツがお前どうせこれんやん、ってことで
抽選はずしたんや、と思うことにします。

今年はどうやら、スピッツに会えないようです。
去年はGWに広島ゴースカ行ったよー。
毎年何かしらでスピごとに参加してるんだけどな。
あー、ついに、なくなったよ!(笑)

スピッツへの愛がなくなったのか、自分が年を取ったのか。
たぶん、後者ですな〜。
とにもかくにもアルバム次第です。
確かね、何回も行ったツアーあったのよ。3回行ったのがあったの。
あれ何ツアーやったかなー(笑)
前のスピッツブログには細かく自分のツアー歴書いてたけど
削除したから忘れてん。
思い出してみようかな(笑)
また機会あれば、書き出します(覚えてるか微妙だけど)
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。