ドライヴ(2011)
2013年 04月 19日 (金) 23:30 | 編集

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン

たかむし的評価
★★★☆☆

結構評価のいい映画だったから期待したんだけど。
私はこの手のバイオレンス映画は苦手。
前半はよかったのに。
途中からもう血まみれだし、残酷だし。
すっごい不愉快になってしまった。
バイオレンス映画が平気な人はこの映画面白い!って高評価できるかもだけど私は無理(≡Д≡;)
ネタバレになるので以下追記で。
キッドと呼ばれている青年。
いいやつだけど、謎が多い。
隣人の人妻アイリーンに恋するんだけど、もー、そのシーンはほんと可愛くて、きゃはきゃはなったわ!
ていうか。
アイリーン役の女優さんが可愛くて可愛くて!!
そりゃあさ、守りたくもなるよな!
そういうわけで彼女のために旦那の強盗を手伝うんだけど、そこからがこの映画の内容が急展開で超バイオレンス!!
本当観てて気分悪くなるほどよ!
ていうか、青年!
強すぎるから!
何者なの?
最後なんかあんだけ刺されたのに平気で車運転してんじゃんか!
なんだよ!

でもまあ。
彼がアイリーンした最後の電話での言葉どおり、私もそのときがいちばんこの映画でハッピーな時間だったよ。

あー、やだやだ。
こういう不気味なバイオレンス。
もう、バイオレンス映画は絶対観たくないぜ!!

あー。なんだか本当に残念な映画でした。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。