幸せのポートレート(2005)
2013年 03月 03日 (日) 13:33 | 編集

幸せのポートレート [DVD]幸せのポートレート [DVD]
(2007/01/26)
サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン 他

商品詳細を見る

監督:トーマス・ベズーチャ
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン、クレア・デインズ

たかむし的評価
★★☆☆☆

久々に、ひどい映画を観た。
やー、やられたよ、本当にね。
サラ・ジェシカ・パーカーで、コメディのところにおいてあったから
キャストにもストーリーにも期待して
(基本私はラブコメディ大好きです!)
観たら、大間違い。
こんなのコメディじゃない。
でも、ある意味コメディとして観れば、納得できるかもしれないけど
私は納得しないぜ!!!

とりあえず、この映画のいいところ(笑)
主役のメレディス役を演じたサラ。
見事に、やな女を演じている。
まったく共感できない。
特にあの差別発言、あれはひどい。
誰でもあの場にいたら、彼女を嫌いになるわ。
それなのに、私が責められた、と傷ついて、家を飛び出すって何ごと?
でも後半は、私はメレディスが可哀想って思いました。
役柄として、彼女を演じたサラには見事!と言うしかない(いや、マジで)
エイミー役のレイチェル。これまたやな女。
ええ。
この映画、やな女ばっかりですよ。本当。
でも、私はエイミーの気持ち、すっごいわかります。
やな女だけど、嫌いになっちゃうよねー、あんな女←メレディス。
だから、エイミー役を見事に演じてるのでレイチェルも◎!!
ダイアン・キートンは言わずもがな、さすが。
この映画の中で、いちばん、いい人、って思ったのは
メレディスの彼氏の弟ベン。
ルーク・ウィルソンです。それだけで私は好感度アップ(おい)
すごくいいやつ。めっちゃいいやつ。
ストーン家の中で一番まとも、と言うか、味方にしたい人です。
それから、ストーン家の主、ケリー。彼もすごいいい人。
この二人は素敵です。
あと、耳の不自由なサッドとその恋人パトリックもよかったかな。

しかーし。
この映画はとにかく前半はメレディスの性格の悪さ(と言うかおかしさ)に苛立ち
中盤、メレディスの妹ジュリーが登場したところから
ストーリーがさらにおかしくなり
最後は、ふざけるのもいい加減にしろ!(だからコメディだから、笑ってよ、って感じなの?)
と言う感じで、きれいにまとめて感動するシナリオにしたつもりだろうけど
ものすっっっっっっごく腹が立つラストでした。

以下、ネタばれ。
何故にここまで腹が立ったか。
メレディスの恋人役、エヴェレットである。
この男、本当に最悪なんですよ。
メレディスが呼んだ妹に初めて会ったのに
数時間で、ジュリーに恋してますからね(真顔)
今まで、あれだけ、メレディスを家族に認めてもらえなくて
(あんな女は確かに嫌だよ)
逆切れしてたくせに、気がつきゃ、妹に恋をしていて
メレディスに対して、家族全員の前で、
きみとは結婚しないって、ひどくないか?しかも、愛してない、ってありえんだろ。
家族に結婚を前提で、連れて来られてるのに。
どーいうこっちゃ!?
もー、とにかく、このエヴェレットがいちばん最悪です。
そんで、妹ジュリーもなんですぐに姉の恋人を取っちゃうわけ?
おいおい、待てよ。どんだけ酷い妹だよ。
もー、憎たらしいよ、二人とも。
一気にメレディスの味方になっちゃったよ(笑)
ま、彼女にはベンがいるからいいけど、それにしたって、あんたら何なの?っていう。
そんな短時間に、結婚相手決めれるのか?
だったら、今までの時間はなんだったんだよ!みたいな。

理解不能だったのが、メレディスがストーン家のみんなにプレゼントした
母の写真に、皆が泣くのよ。
なんで?
それは妊娠しているシビル@母なんだけど、そのおなかの中には、エイミーがいるみたいなのね。
それで、すごく感動してるの、皆が。
ま、それをぶち壊したのは、最悪人間エヴェレットです(本当最低、この俳優も気持ち悪く見えてきた)
でも、この謎が解けるのかな、って思ってたけど解けないんですよね。
たとえば。
このとき、病気が発覚してしまったけれど、無事エイミーは出産した、とかさ。
そういうエピソードがあるなら分かるんだけどないから、え?何?ですよ。
それで。邦題が幸せのポートレートなんだろうけど
こんなタイトルがつけられてることにまた違和感。
いいじゃん、The Family Stoneでさー。
そっちの方が、よほど、この映画の主旨が分かるよ。
でもまあ、めちゃくちゃすぎて、結局何が言いたいのかわからない映画だけど。
結局シビルは死んじゃって、家族がたくさん増えた頃、彼女の姿はなかった。
しかし、メレディスが送った写真が飾られている。
終わり。
なんじゃーい。

と言うわけで。
ありえない展開に、ものすっごい腹が立ちました。
許せん!!!
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。