ミッドナイト・イン・パリ(2011)
2013年 02月 17日 (日) 16:56 | 編集

Midnight in Paris [DVD]Midnight in Paris [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

監督:ウッディ・アレン
出演:オーウェン・ウィルソン、マリオン・コティヤール

たかむし的評価
★★★★☆

こんな映画だったとは…やられた!
ウッディの映画って、可愛いファンタジー映画ですごく好きです。
ただのラブストーリーかと思ったら違った。
最初、ギルがいろいろ戸惑っているのだけど
私はよく分からなかった。
でも、ヘミングウェイが出て来た時に、なるほど!と思ったのである。
この時代の芸術家のことが好きなら、ギルの置かれた状況にすぐ気付くかもしれない。
私が分かるのは、ピカソとかダリとかヘミングウェイとか…それくらい。
他にも偉大なひとはたくさん出てくるけど、知らない(汗)

いつもひとは現在に不満を持っている。
昔はよかった、あの頃に戻りたい、と言う気持ちって誰しもあると思う。
だけど、今を生きなきゃ。
今、自分が本当にしたいこと。理性でなくて本能。
それを気付かせてくれるためのタイムスリップだったのかもしれないな。

最後はあまりにもドタバタだったけど
(いやー、まさかの展開。そうかな、とは思ったけど(笑)
可愛くまとめてあるのもとてもよい。

レイチェル・マクアダムスが気になって
この映画を観たのですが
金髪より、ブラウンヘアの方が好きだなー。
この映画ではダメな女でしたが(笑)
シャーロックを観たとき、どっかで見たぞ、と思ったら
きみに読む物語の女優さんでした。
が、私この映画、大嫌いです(笑)くっだらないよー。
べったべたのラブストーリーだったのだけ覚えている。
試写会で当たって観たのだけどね。くっだらない、って一緒に行った友達と
文句言ったのだけ覚えてる。でも女優は可愛かったなーって(笑)
レイチェルだったのね。
笑顔がとってもキュートな女性だよー。
もっといい役してー(笑)
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。