読みたい本
2012年 08月 19日 (日) 21:56 | 編集
今日、本屋に行ったんだけど
(ほら、プラチナデータ読んじゃったから(笑)
お金がなくて(苦笑)物色して帰ってきただけのたかむしです。
とほほ。


苺をつぶしながら (講談社文庫)苺をつぶしながら (講談社文庫)
(2010/11/12)
田辺 聖子

商品詳細を見る

田辺聖子さんの小説、私、とっても好きなんです♪
今まで読んだ田辺さんの小説の中の女性たちにいつも共感しまくり!
そうそう!そうなのよ!!って思って。
で。この『苺をつぶしながら』は35歳の女性が主人公。
つまり私と同じ年齢。読みたい!


もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)
(2012/08/02)
よしもと ばなな

商品詳細を見る

私が小説をよく読むようになったきっかけを作ってくれたのは
吉本ばななちゃん。
今でも覚えてます。最初に読んだ彼女の作品は『N・P』です。
これ素敵なのよ♪
他にも好きなのは『ハチ公 最後の恋人』かな。
ああ!『哀しい予感』もいいよ~。
でも、だんだんと私は彼女の世界観にちょっとついてけなくて。
初期の頃のばなな作品が私は好きです。
今は吉本ばななではなくて、よしもとばなな、なんですね~。
あらすじを読んで、ちょっと興味があったので読んでみたい。


愛がなんだ (角川文庫)愛がなんだ (角川文庫)
(2006/02)
角田 光代

商品詳細を見る

角田さんの作品で最初に買ったのは『対岸の彼女』ですが
直木賞?かなにかを取った作品で興味本位で買ったのですが…
面白さが分からず、挫折(最後まで読んでません)
でもこの作品はあらすじを読んで、やだ、私じゃないの?なんて思って(笑)
かなり興味あります♪


勝手にふるえてろ (文春文庫)勝手にふるえてろ (文春文庫)
(2012/08/03)
綿矢 りさ

商品詳細を見る

綿矢さんの作品は『インストール』『蹴りたい背中』は読みました。
どちらも面白い作品だったと思います(かなり遠い記憶(笑)
話題になりましたよねー。確か19歳くらいで芥川賞を取って。
それで、かなり興味本位で『蹴りたい背中』を買いました。
これを読んだときに、なんてきれいな文章を書く人なんだ、って思いました。
しかし、それ以降、全然彼女の作品は読んでません(笑)
『勝手にふるえてろ』は妄想女子の話みたいなので面白そう!と思ってます。


鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
(2009/02/25)
万城目 学

商品詳細を見る

この作品は何年か前に読んだ作品なのですが
すごく面白かったんです♪
映画も観に行きました。
で、何で、これが欲しいか、と言いますと…
この続編『ホルモー六景』が読みたいからです(笑)
が、ほとんど内容を忘れているので(とてもバカげた内容だったことは覚えてます(笑)
まずは、鴨川ホルモーを買って、それから、六景を買いたいな、と思ってるのです。

ホルモー六景 (角川文庫)ホルモー六景 (角川文庫)
(2010/11/25)
万城目 学

商品詳細を見る

万城目さんの作品はとても面白いです。
『鹿男あをによし』や『プリンセス・トヨトミ』はドラマや映画では見てますが
小説の方も読んでみたいですね。

と言うわけで。
読書の秋は到来しそうですよ♪
これら全部を買いたいのはやまやまですが…
お金がないので、まずは…図書館で検索をかけてみて
あれば借りてこようと思ってます。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。