わがままを言わなかった子
2008年 06月 29日 (日) 00:00 | 編集
これは妹が出した分析結果ですけれども(笑)
性格の優しい子はぼける、とのこと(笑)
ペロですけれども、そりゃあ、もう酷いくらいのわがままし放題の
通称、わがばば、だったんですけれども。
ぺーちゃんは確かに、昔は怒ったことはありますが
あんまり怒らなくなりましたね。はい。
ぺーちゃんは正直、めっちゃんこ性格悪いです(笑)
性格悪いって言うか、女王様気質でして、
とにかく、私がいちばんよ、あんた何よ?って言うタイプなんです。
だから、私が旅行などに行くと、
もー、あんたがいないと私はだめなのよ、的な…
海外旅行に行こうとしたとき、仮病を使うほどの超演技派であったり。
そして、母に意地悪なペーちゃんでして…
母が抱くと、キャン!!と鳴くんですよ。
で。「あの子(母)の抱き方が悪いのよー、痛いのよー。」的な目つきをする。
母がそばを通ると。驚いたように、ひっくり返って。
「あの子が足を踏んだのよー、痛いわよー。」的な顔をする。
なので、一時期、母はぺーちゃんと敵対してました(笑)
そして、妹にも意地悪である。もちろん私にも。
だから、あんたたちが悪いのよ!!的な顔をされたことが何度あるか…
まあでも、あの子はいい子です(こんだけ悪く言っておいて(笑)
障害を持った子でしたので、途中からものすごく甘やかしてしまったんです。
そうすると、もう家族以外は手をつけられないほどの
わがまま犬になってしまいました。
さて、次。モモちゃんですけれども。
これまた、超性格悪いんですよ。わがままももたん、ですよ。
モモたんはまあ、最初から甘やかされて育ってます。
可愛い可愛い言われて育ってます。
ですから、今でも子供で(生まれたての12歳)
以前はマルコさんがいないと、キャンキャン鳴くほどの子だったんです。
でも、今はマルコさんのことが相当苦なんでしょうね。
昨日から、私はマルコさんとモモちゃんの散歩を別々にすることにしました。
つまり…散歩時間2倍…。
でも私も分けた方が、やりやすいので、このまま、このやり方を続けようと
思います。
とにかく、モモちゃんはあまり怒られたことがない。
そして、怒られても、
「モモちゃん、悪くないんだ。何もしてないんだ。マルコが悪いんだ。」
的な顔をするんですよ。
あと、最近妹が言うのですが、
「モモちゃんは耳が聞こえんの?それともわざと無視してるの?」
と。
母の答えは「無視してるに決まってる。」でした(笑)
私は「聞こえんのもあるけど、無視してるんもある。」である。
そうです。あの子は聞こえても聞こえないふりをするんです。
妹は特にモモちゃんにいじめられてますね。はい。
さて、マルコさん。
マルコさんは本当に優しい子でして。
絶対わがままを言いませんでした。
わがままを言っても、どうして?的なことを私たちが言うので
諦めてた部分もあると思うんです。
わがまま女王とわがまま娘の間のマルコさん。
わがままを言えなかったのだと思います。
そして、性格があんなに引っ込み思案の、腰の低い犬になってしまった。
私たち家族が悪いのかもしれない。
私が悪いのかもしれん。
だから、今までのことが爆発しちゃって、ぼけちゃったのかもしれない。
ああ。マルコさん…ごめんね、こんな主人で。
ふらふらふらふら。もう本当痛々しい。
夏対策早くしなくちゃ。
今日めちゃめちゃ暑かったもんなー。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。