JOY(2015)
2017年 04月 13日 (木) 22:09 | 編集
joy.jpg
Joy
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ブラッドリー・クーパー
エドガー・ラミレス、ヴァージニア・マドセン、イザベラ・ロッセリーニ
ドナ・ミルズ、ダイアン・ラッド、ジミー・ジャン=ルイド、レナ・デ・ニーロ
ジョン・イーノス三世、マディソン・ウルフ
あらすじ:
アメリカの主婦を家事から解放した”ミラクル・モップ”を発明した実在の女性ジョイ。
普通の主婦が、創意工夫の才とたくましさ、揺るぎない忍耐力を発揮して
人生を一変させ、大企業を築く感動ドラマ。

Filmarksより引用
たかむし的評価
3.5/5.0

実話を基にした映画なんだけど。
なんか…最後の方の展開が、え?そんなに簡単なものですか?とか思って
ぽかーん、でした。
あと、ジョイ(ジェニファー)のまわり、最悪な大人が多すぎるんだけど!
見てて本当にイライラした。
あまりにもジョイがかわいそうだと思う。
あんなバカで傲慢な人たちの中でよく頑張ったな、ってそれを褒めたい。
めっちゃイライラするよ。めっちゃイライラする。
ものすっごいジョイが怒って、ライフルをぶっ放すシーンがあるけど
ああ、そうなる、そうなるよね、って思います。
見てるみんながきっとジョイの味方ね。
世界にひとつのプレイブックと監督が同じで、キャストも似ているので
なんだか不思議な感じがしました。
世界にひとつのプレイブックは私、すごく好きな映画です。

この映画、すんなり、っていうか苦労しながらも成功するのかな、って思ったけど
とにかく、そうなるまでがイライラするし(周りのせいだわ!絶対)
最後もあっけなくて(いやあれはどう考えてもおかしい)
え?ってなってしまうよ。残念だ、非常に残念な終わり方だ。
(終わりが悪いんじゃないて終わりの一歩手前がひどいの)
まあ、すっごい強い精神力は見習います。
こんなしんどくても頑張れば!って思ったもん。
しかし、あんだけの仕打ちというか、苦労を味わうと私は立ち直れない気がするけど
そう思うと、やっぱりすごく女性だなって思います。
本当、まわりひどいの多すぎ!!ジャッキーとニールがいい人でよかったわ(涙)

ジェニファーの演技はさすがでした。
本当、すごく若い子なのに、すげー苦労してるっていうか疲れた感がすごくてw
あとばっちりメイクしてるよりもごく自然な方が絶対可愛いと思うな。
ジェニファー、好きな女優さんのひとりです。
でもー、ハンガーゲームは観ないわよ。あの手の内容大嫌いなので(真顔)
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。