シビル・ウォー/キャプテンアメリカ(2016)
2017年 04月 01日 (土) 23:48 | 編集
civilwar.jpg
Captain America: Civil War
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、ダニエル・ブリュール、
チャドウィック・ボーズマン、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、
フランク・グリロ、アンソニー・マッキー、ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、
エミリー・ヴァンキャンプ、ポール・ラッド、ドン・チードル、ウィリアム・ハート、
マーティン・フリーマン、トム・ホランド、ポール・ベタニー、マリサ・トメイ
あらすじ
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、
キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。
人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、
アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、
その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。
世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に
“アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。
《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは
真っ先に賛成するが、
《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは
強く反発。
お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを
持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。
そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。
そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

(Filmarksより引用

失敗したああああ!!!(笑)
何がって?
これってば、キャプテンアメリカシリーズの3作品目なのね。
えへ、私、キャプテンアメリカの2作品目観てないから
意味がわからなかったわw
まあ、最後の方ではなんとかわかったけどさ。
あと、アベンジャーズ2の内容だってすっかり忘れてるから
あら、だれ、あの真っ赤な人(ヴィジョンです、ベタニーよ♡)って思ったけど
なんとなーく思い出した。
この人のおかげで、映画解決したよね?確か。んなバカな、って思ったけどww
どこで出てきたかしら?アイアンマン?アベンジャーズ?
ああ、もうぐちゃぐちゃよ。
そして、キャプテンアメリカ1の内容も微妙に忘れてるからね。
ああ!!くっそ!気になるから、キャプテンアメリカ1,2借りてきます(笑)

さて。
この映画、なんとも切ないっていうか、そりゃそうだな、って思ったよ。
アベンジャーズが世界を救うって言っても
あれだけめちゃくちゃに街を壊しておいて、一般市民に犠牲者がいないなんてわけないもの。
正義の味方だって言われても、結果、そのひとたちのせいで巻き込まれた人だって多い。
根本、それが原因の話だったよ。
この映画で楽しかったところ。
それはやはり、観てて辛かったけど
アイアンマンチームとキャプテンアメリカチームの戦いかな??
スパイダーマンとアントマンが可愛くてどーしようかと思ったもの。
スパイダーマンって超暗いイメージあったけど、
このスパイダーマンは超若者で超おしゃべりでめっちゃかわいいんだけどw
スパイダーマンホームカミング、観たいと思います(単純)
だって、かわいいよ、ピーター!
で、アントマンも超かわいいんだけど、ああ、大好きよ、アントマン!!
私はね、トニーとスティーブ、どちらが好きかって、トニーなんだけどね。
でも、どちらの言い分もわかるし、ああ、お願いだから分裂しないでって思ったの。
辛かったなー、今回の話。
辛かったのと、意味がわからなかったので評価低め(笑)
でも、最後ね、ピーターがかわいいしね。終わりはまあハッピーエンドだしね!
でもまあ、うん、難しい問題だなあ、って思うの。
トニーも辛い、そして、スティーブも辛い。
どうなんだろうね、本当。どちらの気持ちもわかったので
私の中で、キャプテンアメリカは、うーん、だったけど
今回のでキャプテンアメリカ好きになりました。
ということで、1,2借りてくるよ。
はっ!!!結局マーベル沼!(笑)

そして!!
マーティン、かわいいよね。ほんの少ししか出てこないんだけど
もう出てきた瞬間に、きゃあ!マーティン!って思ってときめきました。
まあこの映画はね、マーティンが出てる!っていうのと
アントマンが出てる!っていうので観たので
その点では大満足ですよww
あー、マーティン←

たかむし的評価
3.5/5.0
内容がいまいちわかってなかったので(忘れてた)評価低めなだけで
たくさんキャラクター出てきてとても楽しいのでそこは満点な映画です。
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。