聴いてみた
2017年 03月 08日 (水) 00:19 | 編集
ベネさんが朗読しているSHARLOCK HOMESのCDを聴いてみました。
shbcreading.jpg
さすがにちゃんと内容を理解できる、というわけではないけれど
なんとなく、こんな感じなんだろうな〜、っていうのはわかります。
どんな事件が起こってどんな結末か、くらいは
英語のできない私でもなんとなくわかりました!
とても綺麗な英語を話しているので聞き取りやすいです!
いつものインタビューの早口ではないので(当たり前ですがw)
すっごく分かりやすいです。
1話につき数人、登場人物が出てきますが、声の使い分けが絶妙ですね。
まだCD1枚しか聞いてないんですが(2枚組です)
とてもいい、と思います!うん。
1回目より2回目の方が内容がわかった気がするので
何回も繰り返し聴いてみたいと思います。
ベネさんファンは買った方がいいよ!おすすめだよ!
1話目はワトソンが二人!?みたいな話で
2話目は消えてしまった金を探せ!みたいな話です。はい。

ベネさん、たくさん朗読CDあるんだね〜。
でも私はきっとこれだけしか買わない気がします(笑)
なぜって?シャーロックホームズが好きだからです。
大学生の頃、コナン・ドイルにはまり、めっちゃシャーロック狂いになってましたが
(それほど詳しくはないんですよw)
また読まなくなってしまったので
現代版シャーロックを見始めたのをきっかけに再読したいと思います。
ピンクの研究は緋色の研究からきてるし
ベレグビーリアの醜聞はボヘミアの醜聞からきてる。
この二つはわかるんだけど、他のもいろいろ調べて
対応して読んでみると面白いかもです。
緋色の研究、めっちゃ好きなんですよね。あと、四つの署名とか赤毛組合とかね。
New Zealandに留学しているときは学校の図書館で
シャーロックホームズの本を借りて読んでました。
小学生?とかが読むような分かりやすい本だったので楽しめました。
私の中では、確固たるシャーロック像がありまして
病的で神経質で細身で痩せている。で、すごく紳士な立ち振る舞いっていう
勝手なイメージが小説を読んでできているので
映像化されているホームズの映画やテレビ番組は見ませんでした。
一度何かで見たとき、違う!こんなにホームズ太ってない!とか思ってましたw
でも、ダウニーのシャーロックを見たときは革命でした(なんで見たんやろw)
うっそだろ、なに、このガタイのいいホームズ!みたいなw
でもって、うっそだろ、なにこの超かっこいいワトソン!みたいなw
あれはもはや私の知っているホームズではないです(笑)
なので、現代版SHERLOCKも見えたのかもしれません。
だって、現代だもんwスマホ使ってるし(笑)
まあ、そういうわけで、私は本当に頭のいいシャーロックが好きで。
小説を読んだとき、小説だと分かっていても(笑)
なんでそんなになんでも分かっちゃうの!かっこいい!クール!って
ときめいたのを今でも覚えています。
頭のいい人大好きです。頭のいい人ってたいてい話も上手ですよね。
話の組み立て方がかっこいいんですもん。

おやすみさい。
copyright (C) Lovely*Lovely all rights reserved.
designed by polepole...

当blogで使用している画像の著作権等は それぞれの所有者に帰属するものであり
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。